LINE で塾選びを相談する(無料)

【家庭学習を大切に】クオレ学習塾の”お子様に寄り添った指導”とは

【家庭学習を大切に】クオレ学習塾の”お子様に寄り添った指導”とは
対象学年 小学1年生〜小学6年生、中学1年生〜中学3年生
授業形態 個別指導塾
塾タイプ 学校成績向上、高校受験
塾の規模 個人塾
豊島区巣鴨にある「クオレ学習塾」は、学習指導だけでなく育児や発達障害、学習障害の相談にも対応している個別指導塾です。

多くの生徒に利用されるクオレは他の学習塾と何が異なるのか?

今回は、特徴、教育方針、料金などからクオレ学習塾の強さを分析したいと思います。

クオレ学習塾の特徴

まず、クオレが多くの生徒に利用される理由を分析するために3つのポイントから確認してみましょう。

クオレ学習塾3つのポイント
  1. 塾と保護者の連携
  2. 国語重視の指導
  3. 勉強を諦めない生徒に

塾と保護者の連携

クオレは塾と保護者の連携を重要視しており、担当講師と保護者での面談を年に4回必ず行います。クオレの全講師が発達支援や幼稚園教諭などの経験を豊富に持っているため、保護者から聞いたお子様の様子をもとに、的確なアドバイスをすることが可能です。

また必要に応じて、教育アドバイザーとして長年子育てや教育の相談対応を行ってきた塾長も面談に参加します。そのため、さらに安心して面談に臨むことができるでしょう。

国語重視の指導

国語力は「問題で何が問われているのか」を理解するのに直結するため、全教科の土台となります。それゆえクオレでは、特に「国語学習」が重視されています。

例えばクオレの国語の授業には、厳選された良本をたくさん読み、その音読練習をひたすら繰り返すというカリキュラムが含まれています。黙読からは「語彙力」や「読解力」、音読からは「会話力」や「表現力」の習得が期待でき、総合的な日本語力をつけることが可能です。

こうして身についた力はこれから先の受験にも大きく役立つため、非常に有効だと言えるでしょう。

勉強を諦めない生徒に

勉強を始めたての頃を思い出してください。ノートのとり方や間違えの直し方など、初めはつまずくポイントがたくさんあります。そのためクオレでは、生徒自身がスムーズに学習を進められる工夫の施された指導が行われています。

例えば一般的な個別指導塾では既存の教材を用いるのに対し、クオレでは担当講師が各生徒の理解度に合わせたリント教材を作成します。また授業でのノートのとり方に悩んでいる生徒も多いため、「オリジナルノート」の作り方も指導内容に含んでいます。

このように生徒の理解度を重視し勉強の仕方を一から教える体制は、学習がうまく進まず諦めてしまいそうな生徒をバックアップしていると言えるでしょう。

クオレ学習塾の教育方針

クオレでは教育方針として、「家庭学習と連携させたきめ細かい指導をする」を掲げています。

ここまで見てきた特徴から、経験のある講師陣が家庭を気にかけて指導していることがわかりました。ノートのとり方や勉強の進め方を細かく指導していることも、生徒の家庭学習を充実させるために必要不可欠です。

文部科学省でも家庭学習は一つの課題とされています。クオレは健やかな育ちの出発点である家庭と連携し、安心して家庭教育ができるようサポートしていると言えるでしょう。

クオレ学習塾の合格実績

残念ながらクオレでは合格実績が公表されていません。詳細を知りたい方はお近くの教室にお問い合わせください。

クオレ学習塾のコース

クオレは個別指導のみ行っているため、基本的に講師と生徒の相談のもとに指導内容を決めますが、大まかなコースも3つ存在します。

クオレ学習塾の小学生向けコース

小学生コース 中学進学に困らないよう学習をサポートするコースです。小学生の時点で学習する習慣を身につけさせ、基礎学力を固めます。

クオレ学習塾の中学生向けコース

中学生コース 学校の成績を上げるためのコースです。成績が良い生徒は自立学習や発展問題にチャレンジしていきます。
不登校コース 不登校になったお子様に専門家の立場から指導を行います。必要であれば家庭教師としての指導も行います。

クオレ学習塾の料金

残念ながらクオレの料金は公表されていません。詳しい料金を知りたい場合は、お近くの教室にお問い合わせください。

クオレ学習塾の分析結果のまとめ

クオレ学習塾がなぜ多くの生徒に利用されているのか?「特徴」、「教育方針」、「料金」から分析を行いました。

結論、「家庭とお子様に最大限寄り添った丁寧な指導が強さの秘訣だと言えます。

何かでお悩みのお子様、さらには保護者様にとってクオレを利用することは一考に値するものだと言えるでしょう。

シェアしよう

カテゴリから記事を探す