【東大現役合格】河合塾が運営する「MEPLO」3つの強みを徹底解説

【東大現役合格】河合塾が運営する「MEPLO」3つの強みを徹底解説
対象学年 中学1年生〜中学3年生、高校1年生〜高校3年生
授業形態 集団指導塾
塾タイプ 受験:難関校向け
塾の規模 大手塾
「東大現役進学塾MEPLO」は、中高一貫校に通う中学生・高校生のための進学塾として、東京大学をはじめとした難関大受験合格者を多数輩出しています。

業界最大手の一つである河合塾グループのMEPLO。東大現役合格に向けて学習できるその強さの秘訣はなんなのか?

今回は、特徴、合格実績、教育方針などからMEPLOの集団指導の強さを分析したいと思います。

目指せ難関都立高!一流のプロ講師が教える「河合塾Wings」の指導法とは?

目指せ難関都立高!一流のプロ講師が教える「河合塾Wings」の指導法とは?

圧倒的な合格実績を誇る「河合塾」と他の大手塾の違いを徹底解説

圧倒的な合格実績を誇る「河合塾」と他の大手塾の違いを徹底解説

河合塾の新しいカタチ!映像授業のマナビスで難関大に合格できる理由

河合塾の新しいカタチ!映像授業のマナビスで難関大に合格できる理由

MEPLOの特徴

MEPLOが東大をはじめとした難関大受験合格者を多数輩出できるのには何か秘密があるのでしょうか?それでは、特徴から確認をしてみましょう。

MEPLO【集団指導】3つのポイント
  1. 到達度を測る進級テスト
  2. 独自の学習メソッド
  3. 合格力が身に付く手厚いサポート

到達度を測る進級テスト

MEPLOに入塾するには、入塾テストに合格する必要があります。この点数をスタート地点として学習をはじめます。

スタート地点から、日々の学習によりどれだけ学力が向上したかを測るための「進級テスト」を行なっています。この進級テストに合格しない限り、次の単元に進むことはできません。

テストに向けて勉強することが、学習習慣の養成や学習意欲の向上に繋がっています。

独自の学習メソッド

MEPLOの集団指導は4つの軸を基に、「MEPLOラーニングメソッド」という独自の学習メソッドで生徒を指導しています。

では、その4つの軸とはどういったものでしょうか?

  1. 仲間と競い合えるクラス制
    中学生は「10〜15名」、高校生は「20〜25名」のクラス制により、生徒はお互いに意識し合いながら学習ができます。
  2. 座席指定
    座席指定により、講師は「どの生徒がどこに座っているのか」把握しています。そのため生徒は講師に見られているという緊張感を保ちながら学習ができます。
  3. 効果的な学習方法
    学習において復習が重要なのは明らかですが、MEPLOでは、予習にも重きを置いています。まだ授業で習っていない箇所を進めるため、わからない問題に対して自分で考える力が養われます。
  4. 確実な知識定着
    定期的に振り返りテストや復習プリントの演習を行うことで、学習内容の確実な定着を図ります。

上記の4つからなる「MEPLOラーニングメソッド」は、生徒の合格力を養成するための効果的な仕組みだと言えるでしょう。

合格力が身に付く手厚いサポート

MEPLOには、「GOKAKUのチカラ」と呼ばれる5つのサポートがあります。

  1. 実力のプロ講師陣
    MEPLOの講師が生徒に指導する上で意識していることは、「教える」ではなく「育てる」です。これにより生徒に寄り添った丁寧な指導が受けられます。
  2. 大学生チューターによるフォロー
    MEPLOの卒業生である現役東大生をはじめとした大学生に、学習だけでなく私生活での悩みも相談できます。
  3. 安心の進学指導
    講師や大学生によるフォローの他に、「進学アドバイザー」がいて、気軽に進路相談ができます。
  4. オリジナルテキストによる学習
    講師陣による入念な内容チェックにより考案されたオリジナルテキストで学習ができます。
  5. きめ細やかな採点・添削指導
    テストの復習が学力を大きく向上させます。そのためMEPLOでは採点・添削に重きを置いた指導をしています。

このようにMEPLOの集団指導では、生徒の学習面だけでなくメンタル面も考えられたサポートが受けられます。

MEPLOの教育方針

MEPLOには、「GOKAKUのチカラ」によるサポートと「MEPLOラーニングメソッド」の実践という教育方針があります。

この教育方針は、MEPLOの充実した学習環境と学習システムを基に考案されたものです。

MEPLOは、生徒のメンタル面まで考えられた手厚いサポートと、集団指導の強みを生かした効果的な仕組みの実践により、東大現役合格を実現していると言えます。

MEPLOの合格実績

ここまでMEPLOの集団指導の強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際どれほどの合格者数を輩出しているのか?それでは、大学受験2019年最新合格者を確認してみましょう。

2019年最新|MEPLO大学受験の合格実績

学校名合格者数
東京大学60名
京都大学4名
一橋大学12名
東京工業大学8名
国立大学医学部医学科13名

2018年|MEPLO大学受験の合格実績

学校名合格者数
東京大学78名
京都大学3名
一橋大学10名
東京工業大学1名
国立大学医学部医学科13名

MEPLOのコース

さて、MEPLOが難関大合格者を輩出していることは合格実績を確認するだけでも一目瞭然と言えます。では、実際にMEPLOでは、どのような授業提供をしているのか?学年別のコースも確認したいと思います。

MEPLO中学生向けのコース

MEPLOの集団指導の中学生向けコースでは、大学受験に向けて基礎を中心に学習します。それでは、以下の表でコースの詳細を確認してみましょう。

学年内容科目
中1大学受験に向けて基礎を固めるための学習を行います。また、わからない問題に対して、自分で考える力を養います。数学・英語
中2
中3中学生の学習内容の完成はもちろんのこと、大学受験に向け、先取り学習に重きを置いた学習ができます。

 

MEPLO高校生向けのコース

MEPLOの集団指導の高校生向けコースでは、実践問題を中心に合格力を養成します。

それでは、以下の表でコースの詳細を確認してみましょう。

学年内容科目
高1中3向けコース同様、先取り学習に重きを置いた学習を行います。数学・英語の完成を目指します。数学・英語
高2
合格力を身に付けるため、これまでに学習した基礎を土台として、応用・実践問題の演習に取り組みます。数学ⅠA/ⅡB/Ⅲ・英語・現代文/古典
高3
東大の現役合格を目指して、全科目の完成を目指します。過去問演習の採点・添削指導により、身に付いていない箇所を明らかにし、さらなる学力の向上を図ります。東大理類数学/東大文類数学/医学部数学
東大英語/医学部英語
東大現代文/東大古典
MEPLO東大物理/MEPLO東大化学/MEPLO物理
東大日本史/東大世界史/東大地理

 

MEPLOの料金

MEPLOの集団指導の料金は一般的な学習塾と比較すると「やや高い」傾向にあります。

基本的には以下の料金システムが採用されていますが、お子様の目的別に必要な科目を選んで受講することが可能です。開講クラス・授業曜日は校舎により異なるため、詳しい料金を知りたい場合は、お近くの教室にお問い合わせください。

では、MEPLOの料金について、学年別に紹介をしたいと思います。

MEPLO中学生向けコースの料金

学年科目料金(1年間)
中1〜中3数学346,560円
英語

※料金は全て税込です。

MEPLO高校生向けのコース料金

学年科目料金(1年間)
高1数学346,560円
英語
高2数学ⅠA・ⅡB370,560円
数学Ⅲ
英語
現代文192,960円
古典
高3東大理類数学438,600円
東大文類数学319,600円
東大英語354,600円
東大現代文180,600円
東大古典158,600円
医学部数学401,600円
医学部英語348,600円
MEPLO東大物理各178,800円
MEPLO東大化学
MEPLO物理
東大日本史
東大世界史
東大地理

※料金は全て税込です。

 

MEPLOの分析結果のまとめ

なぜ「東大現役進学塾MEPLO」は東大に現役合格させられるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。

結論、東大現役合格に向けて生徒のサポートに取り組んでいることが強さの秘訣と言えます。MEPLO独自のメソッドやサポートにより、お子様の確かな学力向上が期待できます。

料金面については、一般の学習塾よりも「やや高い」傾向ですが、MEPLOの充実した学習システムからすれば自然なことだと言えます。東大現役合格を目指すお子様を持つ保護者様には非常におすすめの選択肢でしょう。

大学受験にオススメの塾・予備校ランキング|大学生500人の口コミ・評価

大学受験にオススメ塾・予備校ランキング|大学生500人の口コミ

カテゴリから記事を探す