東進ハイスクール在宅受講コースの料金や特徴を解説|良質な映像授業

対象年齢 中学3年生
高校1年生~高校3年生
既卒生
学習スタイル 映像授業
定期テスト対策 ×
中学受験対策 ×
高校受験対策 ×
大学受験対策
添削指導
質問対応

「東進ハイスクール在宅受講コース」は東進ハイスクールの映像授業を自宅で受けられるコースです。

自宅の近くに校舎がなくても有名講師の授業が学べることで受験生の間で人気を集めています。「今でしょ!」でおなじみの林修さんが講師を務めていることで有名な東進ハイスクールですが、東大合格者や京大合格者数は日本トップクラスとであり指導力は本物です。在宅受講コースでも多くの合格者を輩出しています。

ではなぜ「東進ハイスクール在宅受講コース(以下、東進ハイスクール)」で対面授業のように多くの有名大学への合格実績を積み上げているのでしょうか?今回は特徴や合格実績、料金などをもとに解説していきます。

【高校生向け】スタサプ、河合塾ONE、東進、学研プライムゼミ比較

東進ハイスクールの特徴

ではここから、東進ハイスクールで有名大学へ多くの合格者を輩出できる理由を探るべく特徴を解説していきます。

東進ハイスクール在宅受講コース3つのポイント
  1. 理解度確認システム
  2. 生活に合わせやすい授業
  3. 安心のサポート体制

理解度確認システム

映像授業のデメリットの一つに「授業を見て理解したけど、実際にテストで解けない」という知識の定着不足があります。しかし東進ハイスクールでは、様々なタイミングでテストを設けているので知識が定着しやすいと言えます。以下で詳しく説明します。

  • 確認テスト:受講後に毎回確認テストを行います。時間は10~30分で、授業で出てきた単語や類題が出題されます。
  • 講座修了判定テスト:講座修了の際に講座修了判定テストを行います。時間は60~90分で、実践問題なので応用問題が多く出題されます。
  • 東進模試:自宅で模試を受けることができます。志望校の合格判定や苦手単元の発見に役立ちます。

このように毎回の授業や講座の最後にしっかりと演習を入れることで、実際に知識を使いこなせないということがないようにしています。また毎回理解度をチェックされるので、分からないまま先に進む心配がなく、苦手を残さないようになっているのです。

生活に合わせやすい授業

一般的な学習塾とは異なり、東進ハイスクールは学習する時間帯が制限されていません。受講は早朝5時から深夜1時まで可能なので、朝練習の前に授業を受けたり、帰宅した後に受講したりするなど生活スタイルに合わせて無理なく受講できます。

他にも倍速再生が使えるので講義時間を短縮して受講できます。使用する媒体はパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットも含まれるので、登下校の電車内でも受講できます。

自分の生活に合わない勉強法はいつか体調や精神的に影響を及ぼし継続することが不可能です。その点、東進ハイスクールであれば生活に合わせて柔軟に受講できるので、継続的に勉強できると言えるでしょう。

安心のサポート体制

東進ハイスクールは生徒の学習サポートも充実しています。以下で、その取り組みの一部を紹介します。

  • 月例電話:担当講師が合格から逆算して必要な講座などのアドバイスをしてくれます。相談対応もしてくれるので、一人で悩む時間が減って勉強に集中できるでしょう。
  • WEBグループミーティング:他の生徒と学習計画を共有して切磋琢磨することができます。
    *別途申し込みが必要です。
  • ブログ:東進ハイスクールでは先輩の合格体験談や勉強方法などがブログに載っています。自分の勉強法と照らし合わせて参考にしたり、合格をイメージしてモチベーションをアップさせたりするなど勉強の息抜きになります。
  • 質問対応:質問があれば電話やFAXで簡単に質問ができます。分からない問題をFAXでそのまま送れるのは手間がかからず助かりますよね。

このように自宅で勉強していても、担当講師や他の生徒と励まし合いながら勉強できます。一人で勉強していても誰かの頑張りを身近で感じることができるシステムは、学習モチベーション向上の助けとなるでしょう。

東進ハイスクールの教育方針

東進ハイスクール在宅受講コースは、自宅に東進がやってくる!という教育方針を掲げています。

最強講師陣による東進ハイスクールの指導が、自宅で受けられる映像授業は教育方針を体現しています。授業だけでなく、校舎で行われている学習計画の共有まで細かく再現している点は高く評価できます。

高品質なサービスを家庭でも忠実に再現している点で魅力的なサービスと言えるでしょう。

東進ハイスクールの合格実績

東進ハイスクール在宅受講コースの合格実績は以下の通りです。

詳細を知りたい方は、東進ハイスクールまでお問い合わせください。

大学名
東京大学 文科三類
東京大学 理科一類
京都大学 法学部
筑波大学 医学群医学類
名古屋大学 文学部
筑波大学 情報学群
東京外国語大学 言語文化学部
群馬大学 理工学部
早稲田大学 文化構想学部
南山大学 法学部
専修大学 文学部

東進ハイスクールのコース

受講したい授業を1教科から選択できる方式を採用しています。大学別、教科別に授業が細分化されているので、自分の志望校に合わせて適切な授業を受講できます。授業が誰向けなのか詳細に書かれているので、安心して受講できます。

詳細を知りたい方は、東進ハイスクール在宅受講コースまでお問い合わせください。

受講可能科目:英語・数学・国語・小論文・古文・漢文・理科・地歴公民

東進ハイスクールの料金

東進ハイスクール在宅受講コースの料金はこちらです。

*通期講座とは1年分の授業内容を最短2週間~3ヶ月でマスターする授業を指します。

コース名 料金
入学金 33,000円
t-POD講座(20回以上の通期講座) 83,000円/講座

東進ハイスクールの分析結果のまとめ

ここまで東進ハイスクール在宅受講コースの特徴や合格実績、料金などを解説してきました。ではなぜ有名大学へ多くの合格者を輩出できるのでしょうか?

結論「自分のペースで学べる仕組み」が合格者数を伸ばす秘訣だと分かりました。映像授業は早朝から深夜までどこでも受講できるので、どんな生徒でも生活に合わせて無理なく勉強を継続できます。しかもその授業は東進ハイスクールの人気講師によるもので質も良いため、質の高い授業を毎日継続して受講することで、他の生徒より学力が伸びるのです。

「無理なく勉強を継続させたい」「自宅で質の高い授業を受けたい」という方にぴったりのサービスだと言えるでしょう。

この記事を家族に共有する

カテゴリから記事を探す