【大学受験に強い】オンライン映像授業塾10社を徹底比較|おすすめは?

キーポイント

✔おすすめは「スタサプ」「東進」「ディアロ」

✔コーチ・科目質問の有無が重要

✔自習力に自信がないと映像授業は少し危険

映像授業のサービスはたくさんあって、どれを選べばよいのか分かりませんよね。

そこで今回は、映像授業サービスだけでの大学受験を考えている方に向けて、以下の点を解説していきます。

  • どんな映像授業サービスがあるのか
  • どこがおすすめなのか
  • そもそも映像授業にして大丈夫?

オンラインの映像授業サービスでの大学受験を考えている高校生は、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン映像授業10社の比較表

上記の表には、料金や合格実績の他に比較のポイントとして「コーチ」と「科目質問」が入っています。なぜこれらが重要になるのか、以下から解説していきます。

コーチ

コーチの存在が映像授業最大のデメリットを解消してくれます。そのデメリットとは、高い自己管理能力が必要なことです。映像授業では、いつ・何を勉強するのかといった学習計画の作成や、モチベーション管理などを「全て自分で」行っていかなければなりません。これを1年もしくはそれ以上続けていくのは大変ですよね。

この問題を解決するために、コーチは勉強の進捗確認や学習計画の作成を行ってくれます。受験は長期戦です。だからこそ勉強し続けられるようにサポートしてくれるコーチの存在が必要不可欠なのです。

※「メンター」や「トレーナ」など、コーチの呼称はサービスによって異なります。

科目質問

演習を行っている際に、解答・解説を見ても理解しきれないことがありますよね。科目質問ができないと、これを解決することはできません。

学校の先生など気軽に質問できる人が身近にいない場合には、質問対応のあるサービスを選ぶようにしましょう。

「合格実績」・「コーチング」・「科目質問」が全てあるオンライン映像授業塾3選

  • スタディサプリ
  • 東進ハイスクール在宅受講コース
  • ディアロオンライン

それぞれについて簡単に解説していきます。

スタディサプリ

対象学年 小学4~6年生、中学1~3年生、高校1~3年生、既卒生
合格実績 東大、早稲田、慶應、他
無料体験

スタディサプリ合格特訓コースは、「コーチ」「科目質問」「合格実績」のどの観点からも非常に優れたサービスです。

利用者が多いこともあり毎年、東大や早慶、MARCHなどの難関校へ多くの合格者を輩出しています。「スタディサプリだけで難関大学に合格した」という声もあり、授業の質の高さは本物だと言えるでしょう。

早稲田大学 先進理工学部 合格K.N. さん

おかげさまで合格することができました!特に坂田先生、ありがとうございました。先生のおかげで化学が大好きになり、応用化学学科に合格することができました。そして冬期のライブ授業、とても楽しく勉強ができ、先生方も優しく質問に答えてくれ、助かりました。塾にも行かず、サプリだけで対策しました!
引用元:https://studysapuri.jp/course/entrance-exam/result/2/SC000371/

慶應義塾大学 環境情報学部 合格H.T. さん

予備校に通っていましたが、小論文の添削だけだったので他の科目は全てスタディサプリでした! スタディサプリを信じ続けて予習復習をひたすらやって良かったです! 大好きな慶應にうかれました! ありがとうスタディサプリ!
引用元:https://studysapuri.jp/course/entrance-exam/result/2/SC000235/

明治大学 政治経済学部 合格名無し さん

1年間スタディサプリにはお世話になりました。初めは塾に行きたかったのですが、金銭面の関係でやむなく諦めました。自分の力でやることに不安もありましたが、スタディサプリはどこまでも僕を助けてくれました。ただ漠然と塾に行くよりも自分を見つめることができ、とても良い体験となりました。特に僕が重宝したのは英語の講座です。苦手意識のあった英語が徐々に楽しくなりました。音読も毎日することで自分の弱点がだんだん分かるようになりました。1つ悔いがあることと言えば、授業がわかり易すぎて復習を疎かにしてしまったことです。やはり復習をしないと大体忘れます。1年間苦しいことの方が多かったけど、スタディサプリが支えてくれたおかげで合格することが出来ました。担当の先生や親には大変お世話になりました。ありがとうございました。
引用元:https://studysapuri.jp/course/entrance-exam/result/2/SC000555/

東進ハイスクール在宅受講コース

対象学年 中高一貫校1~3年生、高校1~3年生、既卒生
合格実績 東大、一橋、早稲田、他
無料体験

東大に800人以上、早慶に4,000人以上の合格者を輩出。そんな「映像授業塾トップの合格実績」を誇る東進は、オンラインコースも開講しています。

もちろん在宅受講コースの生徒も東大や一橋、明治など難関大学に合格してきました。東進はオンライン映像授業サービスの中では、高額な部類に入ります。しかし林修先生をはじめとした有名講師の授業を受けられるのは、非常に大きな魅力だと言えるでしょう。

一橋大学商学部 合格 小林幹英さん

自宅で、短期間で集中的に受験勉強ができるので、在宅受講コースを選びました。自分自身で決めた計画で自由に学習を進めていくこともできたので、自分には合っていたと思っています。平日平均で2時間、休日6時間以上は最低でも受講をして、長期の休み期間は9時間程度は進めていきました。過去問演習講座に関してはセンター試験対策も一橋大学の過去問演習講座も、とても役立ちました。 在宅受講コースのおかげで第一志望に合格できたので、今度は担任助手の立場として、自分と同じように合格を目指す高校生を応援したいと思っています。
引用元:https://www.toshin-zaitaku.com/kobayashimikihide

ディアロオンライン

対象学年 中高一貫校1~3年生、高校1~3年生、既卒生
合格実績 東北大、慶應、他
無料体験

ディアロオンラインは「Z会の映像」と「合格特訓指導(コーチング)」により合格を目指せるオンライン映像授業サービス。

特に「授業を聞いて理解したつもりだけど、いつもテストでは得点できない」とお悩みの方におすすめです。その理由は独自の「対話式トレーニング」を行っているからです。生徒が講師に授業をする反転授業を行うことになります。自分が教えなければならないので、わかったつもりで勉強を終わらせられなくなり、きちんと理解を深められます。

「対話式トレーニング」はオプションコースであるため費用は高くなりますが、ながら勉強をなくせるのは非常に魅力的なのではないでしょうか。

その他の映像授業サービス

「コーチ」「科目質問」「合格実績」の3観点は満たせていなくとも、各サービスそれぞれに異なる特徴や魅力があります。以下から上では紹介できなかったサービスの魅力について解説していきます。

N予備校

対象学年 高校1~3年生、既卒生
合格実績 東大、慶應大、明治、他
無料体験

N予備校は、オンラインでの生授業を行っているのが大きな特徴です。

リアルタイムで指導が行われるからこそ、「生授業を基に勉強ペースを作れる」「オンライン上で一緒に授業を受ける他生徒の存在が、やる気に繋がる」といったメリットがあります。

生授業ですが映像授業はアーカイブされるので、見逃してしまっても後から視聴できます。

学研プライムゼミ

対象学年 高校1~3年生、既卒生
合格実績 東大、早稲田、慶應、他
無料体験

学研プライムゼミは難関大学受験者のためのオンライン映像授業サービスです。

「難関大のため」と標榜している通り東大や大阪大、慶應などへ合格者を輩出しています。

有名講師のハイレベルな授業を受けてみたいと考える方におすすめです。

Z会の映像

対象学年 高校1~3年生、既卒生
合格実績 京大、大阪大、慶應大、他
無料体験

難関大学に多くの合格者を輩出するZ会は、映像授業のコースも設けています。

上述した「ディアロオンライン」で視聴するのは、このZ会の映像です。

ディアロオンラインならば週1回の学習サポートも受けられるので、Z会の映像を考えているならば、ディアロオンラインも視野に入れておくとよいでしょう。

アオイゼミ

対象学年 中学1~3年生、高校1~3年生、既卒生
合格実績 大阪大、慶應大、明治大、他
無料体験 無料コースあり

アオイゼミは「他の人と切磋琢磨しながら頑張りたい」と考える方におすすめです。

生配信のライブ授業や勉強相談ができるタイムラインなど、オンラインながら生徒同士がコミュニケーションを取れる仕組みが充実しています。

勉強仲間が学校で作れないという方に、アオイゼミは強い味方となってくれるでしょう。

学びエイド

対象学年 高校1~3年生、既卒生
合格実績 不明
無料体験 無料コースあり

学びエイドは1コマ5分の映像授業サービス。

授業時間が非常に短いので、隙間時間を上手く活用しながら勉強したいと考える方におすすめです。

無料会員でも1日3コマまでなら視聴できるので、一度体験してみてはいかがでしょうか。

Try IT

対象学年 中学1~3年生、高校1~3年生
合格実績 不明
無料体験

Try ITは完全無料の映像授業サービスです。授業の視聴だけなら一切お金はかかりません。

コンテンツは基礎的な内容がほとんどです。そのため受験に向けて知識の土台を作りたいと考える方におすすめです。

無料サービスで気軽に利用できるので、受験まで時間的な余裕があるという方は一度実際に受けてみてるとよいでしょう。

河合塾One

対象学年 高校1~3年生
合格実績 不明
無料体験

河合塾Oneは、映像授業型と教材型を掛け合わせたようなサービス。特に受験に向けての基礎学力を身につけたいと考える方におすすめです。

AIが生徒の学習状況を分析して、その時々に合った内容を提案してくれます。そのため苦手箇所など理解の穴を潰していくことができます。

また1レッスンの時間は5分です。電車やバスなどの隙間時間でさくっと勉強できるので、部活で忙しい生徒でもストレスなく勉強できるでしょう。

そもそもオンライン映像授業を選んでいい?

映像授業は有名講師の授業を受けられたり、倍速視聴で効率良く勉強できたりと多くのメリットがあります。しかし映像授業が合わず、成績が伸び悩む生徒もいます。どのような生徒が向いていないのか理解するために、まずは映像授業のデメリットを確認していきましょう。

映像授業のデメリット

映像授業には以下のようなデメリットがあります。

デメリット
  • 学習計画・モチベーションの管理は全て自分で行わなければならない
  • 分からない問題に直面した際に質問できない
  • 授業を受けて「わかったつもり」になりがち

映像授業が向いていない人

これらを踏まえると、以下のような人が映像授業に向いていないと言えるでしょう。

  • 自習の習慣がなく、勉強へのモチベーションが低い
  • 学校の先生などに勉強の質問を気軽にできない
  • これまで自習では成績を上げられなかった

この記事で紹介した「おすすめの映像授業サービス3選」は上述したデメリット解消する仕組を整えています。しかしコーチとの決め事は授業ほど強制力はありませんし、教科質問は解答・解説があるものみや添削には非対応など個別指導ほど手厚くはありません。自身の性格や学力を考慮に入れて、成績を伸ばせそうか検討するようにしましょう。

偏差値60以下ならば、映像授業のみに絞るのはやや危険【難関大学受験・塾】

偏差値60以下ならば、映像授業のみに絞るのはやや危険【難関大学受験・塾】

「併用」という選択肢もある

映像授業が向いていない人を解説しましたが、これはあくまで映像授業サービスだけで受験を乗り切ろうと考えている場合です。

映像授業と併せて個別指導も受けることで、学習管理・質問対応・わかったつもりを解消できます。また大手集団塾に通いつつ、復習や補習で映像授業を利用するという選択肢もあります。

オンラインの映像授業サービスは安価に受けられるものが多いため、併用しても金銭的な負担が跳ね上がることはありません。そのため併用できることも念頭に入れておくと、スランプに陥った際にも柔軟に対応できるでしょう。

まとめ

ここまで映像授業サービスについて紹介・解説してきましたが、いかがでしたか。気になったところがあれば一度体験授業を受けてみてください。実際に受けてみると不安に思っていたことが、解消される場合もあります。

カテゴリから記事を探す