LINE で塾選びを相談する(無料)

【必見】サピックスで転塾を考えた方にオススメしたい塾 | 個人塾

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾 | 個人塾

こんにちは!スタスタ編集部の松本です。

今回はサピックスで伸び悩むお子様向けに、新たな塾の選択肢として「個人塾」を紹介したいと思います!

個人塾の特徴、メリット、デメリットなどを分かりやすくまとめているので、お子様の新しい塾としてぜひ参考にしてください!

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾 | 大手塾

【必見】サピックスで転塾を考えた方にオススメしたい塾 |大手塾

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい伸びる「勉強法」

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい伸びる「勉強法」

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾の「併用」

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾の「併用」

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾 | 個別指導塾

【必見】サピックスで転塾を考えた方にオススメしたい塾 |個別指導塾

なぜ「個人塾」なのか?

業界最大手の「サピックス」のような有名塾は、難関校合格者を毎年多数輩出しており、指導の実力は誰もが知るところです。しかし、本当にこのままサピックスに通い続けることが第一志望合格への近道となるのでしょうか?

  • 子どもが「成績によってクラスや席が決まる」というプレッシャーに耐えきれていない…
  • ギスギスした空間は、うちの子には合わないのかしら…
  • もっとのびのび勉強させた方が、さらに成績が上がるのでは…

と感じていらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか?

そこでオススメしたいのが「個人塾」です。スタスタでは、個人塾を「校舎数が3校以内の塾」と定義しています。校舎の規模は大手に劣りますが、個人塾には個人塾ならではのメリットとデメリットがあります。以下で詳しく紹介しているので、ぜひお子様の塾選びに役立ててみてください!

「個人塾」のメリットとは?

メリット【1】 手厚い指導が受けられる!

個人塾の場合、大手塾に比べると塾の規模は劣ってしまいます。しかし、生徒数が限られている分、お子様一人ひとりに手厚い指導を行えるのが強みとして挙げられます。

例えば、京王井の頭線高井戸駅に校舎を構える「個別指導塾EST」では、「オンリーワンを目指す」というスローガンを掲げています。一人ひとり異なった性格や学力に合わせた”生徒目線”の相談を通して、生徒と共に弱点克服を目指しています。

塾の規模が大きくなればなるほど、講師が生徒一人ひとりにかけられる時間は限られてしまいます。「もっと質問したい!」「個別に話を聞きたい!」というお子様には、個人塾の方が向いていると言えるでしょう!生徒一人一人の性格や学力に合わせた丁寧な指導!

メリット【2】 アットホームな雰囲気で勉強できる!

個人塾の一番のメリットと言えば、アットホームな雰囲気です。大手塾のように広い教室で何十人もの生徒と一緒に授業を受けるのではなく、リラックスした空間でのびのび勉強できます。

例えば、渋谷・五反田にある「中田義塾」はファミリー経営ならではの強みを活かして、まるで我が家にいるかのような学習空間を提供しています。これによって講師と生徒の間でコミュニケーションが促進され、結果的にお子様の成長が見られるのです。

激しい競争環境に疲れてしまったお子様には、個人塾のアットホームな雰囲気で勉強することが合格への大きな近道になるかもしれませんね!アットホームな雰囲気でのびのびと勉強できる!

メリット【3】 エッジの効いた授業が受けられる!

個人塾の大きな強みとして、その塾でしか受けられない「エッジの効いた授業」が挙げられます。大手塾にはない特殊な授業とは、一体どのようなものなのでしょうか?実際に行われている授業の一例をいくつか紹介していきたいと思います!

  • ロジカルシンキング – 「学習塾ロジム」に通っている生徒は、「ロジカルシンキング」という特設科目を受講できます。論理的思考力を重点的に鍛えることで、知識の吸収力や応用力を飛躍的に伸ばし、全体的な成績向上を目指します。
  • ASEN – 四谷と代々木に校舎を構える「夏井算数塾」では、「ASEN」と呼ばれる電子黒板システムを使って授業を行っています。生徒が授業当日に持ち込んだプリントも、すぐにスキャンしてそのまま解説できるのです。

ここで紹介したのは一例にすぎませんが、他にも個人塾ならではの授業が数多く展開されています。もしかしたら、お子様の伸び悩みを解決する突破口になるかもしれませんね!個人塾ならではの個性的な授業で飛躍的に成長できる!

「個人塾」のデメリットとは?

ここまで個人塾のメリットを紹介してきましたが、デメリットが存在するのも事実です。

例えば、

  • 校舎数が限られているため、通いたいと思っている塾があったとしても通塾に時間がかかりすぎる
  • 目指している学校の合格実績がないため、第一志望に合格できるか心配

という懸念点が浮かぶことでしょう。全ての条件を満たした完璧な大手塾がないように、完璧な個人塾も恐らくほとんどないでしょう。

しかし、個人塾の中には「すぐる学習会」のように難関校の合格実績が豊富な塾や、「巣鴨エテナアカデミー」のように高い満足度を獲得している塾もあります。つまり、一概に「個人塾だから」と一括りすることはできないと言えます。

スタスタで検索し、無料体験授業に参加してみたりするなど、事前に十分な情報収集が必要不可欠だと考えられます。

サピックスで伸び悩むお子様へ

ここまで個人塾のメリットとデメリットについて紹介してきましたが、いかがでしょうか?

「サピックスで伸び悩んだ子は、必ず個人塾に変えるべき」とは言いませんが、一つの選択肢として考えてみる価値は十分にあるでしょう。

もしご自宅の近くに気になる個人塾がありましたら、スタスタで検索してみたり、実際に一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す