LINE で塾選びを相談する(無料)

【必見】サピックスで転塾を考えた方にオススメしたい塾 |大手塾

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾 | 大手塾

こんにちは!スタスタ編集部の松本です。

今回はサピックスで伸び悩むお子様向けに、新たな塾としてサピックス以外の「大手塾」を紹介したいと思います!

大手塾の特徴やメリット、デメリットなどを分かりやすくまとめているので、新しい塾の候補としてぜひ参考にしてください!

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい伸びる「勉強法」

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい伸びる「勉強法」

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾の「併用」

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾の「併用」

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾 | 個別指導塾

【必見】サピックスで転塾を考えた方にオススメしたい塾 |個別指導塾

【必見】サピックスで伸び悩んだ方にオススメしたい塾 | 個人塾

【必見】サピックスで転塾を考えた方にオススメしたい塾 | 個人塾

なぜ「大手塾」なのか?

業界最大手サピックスのような有名塾は、難関校合格者を毎年多数輩出しており、指導の実力は誰もが知るところです。しかし、本当にこのままサピックスに通い続けることが第一志望合格への近道となるのでしょうか。

  • なんとなく理解できるが、先生の説明がいまいち腑に落ちない
  • 相性が合わない先生が担当する科目の成績がなかなか上がらない

と感じていらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか?

そこでオススメしたいのが、サピックス以外の「大手塾」です。大手塾と言っても、全ての塾がサピックスと同じような授業運営を行っているわけではありません。そのため、大手塾のメリットとデメリットを他塾の事例を踏まえながら紹介していきます!

※ここでは、集団指導を行っている大手塾を対象としています。

「大手塾」のメリットとは?

メリット【1】 実力のある講師陣から指導してもらえる!

大手塾ならではの強みとして、これまで数多くの生徒を合格に導いてきた講師の実力が挙げられます。学生講師が在籍している塾は少なく、実際に教鞭をとるのは実績のある講師のみとなっている塾がほとんどのようです。

例えば、「早稲田アカデミー」では志望校別に担当講師がいて、20年から30年近く対象の学校を分析した上で受験対策を行ってくれます。このように、受験対策のプロが数多く集まっているのが大手塾ならではのメリットです。

しかし、講師と言えど一人の人間です。たとえその講師が実績もあり実力も申し分ないとしても、お子様と相性が合わないということは決して珍しくありません。もしサピックスの講師がどうしても合わないようでしたら、一度他の大手塾の講師による授業を体験してみてはいかがでしょうか。

実力や実績のある講師が数多く在籍!

メリット【2】 塾独自のカリキュラムで勉強できる!

大手塾の多くは豊富な受験対策ノウハウを活かして、独自のカリキュラム・教科書・テキストを使用しています。栄光ゼミナールの「栄光メソッド」や四谷大塚の「予習シリーズ」などはその代表例です。

生徒の成績アップに最も効果的な内容が盛り込まれ、その制作意図をしっかり掴んだ学習スタイルを実現している大手塾独自の授業運営は、生徒の学力向上に大きく貢献できるでしょう。ただし、こちらも講師と同様、生徒に合う教材と合わない教材があるのではないでしょうか。

サピックスと比べて、「他のオリジナル教材の方が理解しやすく、結果的に成績が伸びそうだ!」と感じたら、他の大手塾に切り替える価値は十分にあると言えます。

他塾に通っている知り合いに教科書を見せてもらったり、体験授業を受けたりするなど、他塾の教材にも目を通してみてはいかがでしょうか?

塾独自の豊富な経験を活かしたカリキュラム

メリット【3】 豊富な合格実績があるから安心!

大手塾が人気な理由は、やはり豊富な合格実績です。「実績があるからこそ、安心して第一志望合格を目指せる」という想いから大手塾にお子様を通わせている保護者様は多いでしょう。

しかし、一概に「この塾は合格実績が豊富だから、OO中学にも受かるだろう!」と言えるでしょうか。志望校別に対策講座を開講している大手塾は数多くありますが、必ずしも全ての受験校に精通しているわけではありません。例えば「サピックス」は御三家(開成、麻布、武蔵)に強いですが、中堅中学の合格実績であれば「日能研」も負けていません。

どの学校を目指したいのか、その志望校に合格するために最も適している塾はどこなのかをしっかりと吟味する必要があります。豊富な実績で安心して第一志望を目指せる!

「大手塾」のデメリットとは?

ここまで大手塾のメリットについて解説してきましたが、大手塾と言えどもデメリットは存在します。

大手塾に通うデメリットとして、

  • 授業中や授業が終わった後に、個別に質問する時間がない
  • 講師の指導力にバラツキがある
  • なかなか自分の受験に向けた対策ができない
  • 授業やクラスの雰囲気が合わないかもしれない

といったものが挙げられます。

しかし、「グノーブル」のように塾の規模を制限することで講師の質を保ったり、「ena」のように少人数授業を展開したりなど、サピックスとは異なる方法で第一志望合格の手助けをしている大手塾も存在しています。

塾ごとに大きくスタイルが異なるので、事前の情報収集としてスタスタで検索するほか、他塾の無料体験授業への参加などもオススメです!

サピックスで伸び悩むお子様へ

ここまで大手塾のメリットとデメリットについて紹介してきましたが、いかがでしょうか。

「サピックスで伸び悩んだ子は、必ず他の大手塾に変えるべき」と明言することはできませんが、一つの選択肢として考える価値は十分にあると言えるでしょう。

もしご自宅の近くに気になる大手塾がありましたら、スタスタで検索してみたり、実際に一度足を運んだりしてみてはいかがでしょうか?

 

 

シェアしよう

カテゴリから記事を探す